失業保険のはなし 【その1】

こんにちは、カリンです。

今日は失業者の味方!失業保険のお話をします。

失業保険とは?

雇用保険の失業給付のことです。
それだけ聞くと、んん?ってなりますよね。

これは、失業したときに受け取れる給付金のことです。

受け取るにはいくつか条件があります。

1.失業の状態である

失業の状態とは、現在就業についていない状態で積極的に仕事を探しているにもかかわらず仕事につけない状態のことです。

以下の場合は失業の状態ではないので注意が必要です。
・病気やけがですぐには就職できないとき(※)
・妊娠・出産・育児などにより就職することができないとき(※)
・家事の手伝いや家業の手伝いで就職することができないとき
・昼間学校に通っていて、学業に専念するとき
・離職後しばらくの間休養するとき
・家事に専念するとき
・仕事をしたとき(パート、長期アルバイト、契約社員なども含む再就職したとき)
・自営業をしているとき(収入の有無を問わない)
・階差の役員に就任しているとき

※病気やけが、妊娠、出産または育児などの理由で就職できないときは、働ける状態になってから手続きができる『受給期間延長』とうい制度があります。

2.雇用保険に加入していた

雇用保険の加入期間が退職日以前の2年間に12か月以上あったことが必要です。
ここで言う1か月とは賃金支払いの基礎となった日数が11日以上ある月を1カ月としています。
これは自己都合退職の場合です。

会社都合退職の場合は少し条件が異なります。
離職日以前の1年間に雇用保険に加入していた月が通算6か月以上あったことが求められます。

それでは、会社都合退職とはどういうものなのか見ていきましょう!

会社都合退職とは

特定受給資格者と特定理由離職者があります。

<特定受給資格者>
倒産、リストラ、一方的な解雇などにより失業した人

<特定理由離職者>
労働者が契約更新を希望したのに更新されず離職になった人、
身体的な理由で離職した人、
配偶者の転勤などで通勤が困難になり離職した人、
妊娠・出産・育児のために離職して雇用保険受給期間延長措置を受けた人

3.ハローワークで求職の登録をしている

ハローワークで求職申込書を記入し、ハローワークカードを発行してもらいます。
在職中でも申し込めますので、早めに発行しておくと楽かもしれないですね。

おわりに

少し長くなってしまったので、今回はここまでにします。

次回は受給までの流れの予定です。